日焼けを早く治す

日焼けを早く治す方法

日焼けを早く治すためにすべきこととは?

日焼けを早く治す方法

日焼けを早く治したい!日焼け跡を今すぐ消したい!そんな時には、どのような方法をとるべきなのでしょうか?まず、肝心なのは、あなたが日焼けのどんな症状を治したいか?です。

  1. 日焼けのヒリヒリや赤みを早く鎮めたい
  2. 日焼けの跡を早く消したい

日焼けを治すといっても、短期的な痛みを改善したい場合と、日焼けの跡を消したい場合があるでしょう。そこでここでは、2通りのパターンごとに、日焼けを治すための対処法をご紹介します。

日焼けのヒリヒリや赤みを早く鎮める方法

日焼けを早く治す方法

日焼けのヒリヒリ、赤みを素早く鎮めるには、以下の3つのステップを行ってください。

 

冷やす

日焼けを早く治す方法

日焼けのヒリヒリ感や赤みがあるときは、まずはとにかく患部を冷やしましょう。日焼けとは、肌がやけどを負っている状態ですから、患部の温度を下げて炎症の進行を止める必要があります。

 

このとき、とにかく早く痛みを取りたい!と、氷や保冷剤を直接患部に当てるのはNGです。やけどをした肌を極端に冷やしすぎると、皮膚組織にダメージを与える可能性があるためです。

 

腕や足など、皮膚の面積が比較的狭い場所の場合は水道の流水で冷やし、背中のように面積が広く、長時間冷やすと体温が下がってしまいそうなパーツでは、タオルを濡らし、軽く絞ったものを皮膚に当てるようにしましょう。なお、流水やシャワーで冷やす場合は、水が激しく当たり過ぎないようにしましょう。

 

【日焼けに”きゅうりパック”・・・効果は?】
おばあちゃんの知恵袋みたいな話しで、日焼けにはスライスしたキュウリでパックするのが良いという話しがありますが、本当に効果的なのでしょうか?そもそも、本当にキュウリを使っても良いのでしょうか?

 

その答えは、実は日焼けにキュウリはNGです。確かに、キュウリは水分を多く含み、熱を吸収しますが、キュウリに含まれる「ソラレン」という成分には、紫外線に過敏に反応しやすくなる「光毒性」があります。ですから、日焼けにキュウリを使用すると、日焼けの症状を悪化させる恐れがあります。

 

水分を補給する

日焼けを早く治す方法

意外と忘れがちなのが、水分補給です。日焼けと直接関係あるの?と思われるかもしれませんが、日焼けをした体は、体外へ水分を出して日焼けを鎮めようとします。そのため、身体が水分不足に陥る可能性があります。

 

また、経口補給した水分は、皮膚組織を潤して、損傷した細胞を再生する役割をしますから、傷や色素沈着を最小限に抑えられます。

 

ちなみに、長時間日光にさらされた後に体がだるくなるのも、体内の水分不足が原因の一つ。ミネラルウォーターやスポーツドリンクで、しっかりと水分を補給しましょう。もちろん、冷たすぎる飲み物はお腹を壊す原因になり、更に水分不足にする恐れがあるので、水分補給はなるべく常温に近いものがベストです。

 

保湿する

日焼けを早く治す方法

患部を冷やして火照りが落ち着き、水分を充分に補給した後は、保湿です。少し専門的な話しをすると、現在の日本の医療では、火傷や日焼けには湿潤療法・・・つまり、保湿による治療が一般的となっています。日焼けをした肌からは、常に水分が出ている状態なので、軟膏やワセリンの油分でフタをし、水分の蒸発を防ぎましょう

 

きちんと潤った肌は、皮膚の正常なターンオーバーを促進するため、より早い日焼けの治療に繋がります。使用するクリーム類は、普段使っている美容液や美白クリームを・・・と考える方も多いかもしれませんが、実はこれはNGです。日焼けで炎症が起こった肌には、美容成分がかえって刺激となるので、避けてください。

 

薬局やドラッグストアで市販されている、軟膏やワセリンがベストです。軟膏やワセリンで保湿後、サランラップを巻く方法もおすすめです。

 

また、あくまでも保湿を行うのは、患部が充分にクールダウンしてからです。また、水ぶくれや水泡が酷い場合などは、早めに医療機関を受診してください。

 

日焼けを早く治す方法

 

こちらは、薬局やドラッグストアでも取り扱っている、日焼け用の軟膏「パンパス軟膏」です。
日焼け用を謳う商品は少ないので、非常にありがたい存在ですね。

 

日焼けを早く治す方法

 

こちらも、大抵のドラッグストアなら取り扱っている「ワセリン」です。
生成純度が低いものは、皮膚の刺激になる可能性があるため、なるべく純度が高いものを使用するのがベストです。

日焼け跡を早く消す方法

日焼けを早く治す方法

次は、日焼けの跡を治す、早く消す方法です。日焼けを早く消すには、以下の3つのポイントが重要です。

 

入浴はぬるま湯で

日焼けしたお肌では、まだ炎症が進行している可能性もありますし、皮膚がダメージを受けた状態ですから、熱いお湯での入浴はNGです。炎症が治まっていないのに熱いお湯に触れると、シミやシワ、色素沈着の原因にもなるので注意しましょう。

 

日光は避ける

当然ですが、日焼けした肌に日光を当てると、更に紫外線によるダメージを受けてしまいます。どうしても外出しなければいけないときは、なるべく肌の露出を控えるか、日傘を用いるようにしましょう。

 

炎症が完全に治まっているなら、日焼け止めをしっかりと塗布して外出し、2〜3時間程度での塗りなおしも行いましょう。

 

ターンオーバーを促進する

入浴と日光は、どちらかというと、日焼けの更なる悪化を防ぐ方法ですが、実際に日焼け跡を早く消すために重要なのは、肌のターンオーバーの活性化です。ターンオーバーは皆さんご存知の通り、皮膚組織の生まれ変わり行為です。日焼けでメラニン色素が発生し、黒くなった皮膚組織を体外へ排出するには、ターンオーバーを促進しなければいけません。

 

では、どうしたらターンオーバーを促進できるの?というと、美白効果のある成分の摂取です。代表的な成分はビタミンCですが、柑橘類での摂取はNG。それは、柑橘類には光毒性のソラリンが含まれるためです。最近では、ドラッグストアにもビタミンCサプリが安価に販売されていますので、こちらの使用をおすすめします。また、保湿引き続き、しっかりと行いましょう。

 

とはいえ、肌のターンオーバー周期は、およそ4週間かかるため、数日で日焼け跡を消すなんてことは不可能です。もしも、少しでも早く日焼け跡を消したいのであれば、⇒日焼け跡専用のケアクリームの使用がおすすめです。

日焼けを早く治す方法まとめ

日焼けを早く治す方法

日焼けを治すのは、以外に大変なものです。日焼け後のケアを怠るとシミやシワ、色素沈着に繋がり、皮膚の老化も進んでしまいます。そうならないためにも、やっぱり日焼けは起こす前に予防するのが一番ですね。

 

市販の日焼け止めをきちんと塗れば防げるので、ここで日焼け対策をサボらないようにしましょう。また、良く言われるように、冬〜春も、意外と日光のなかの紫外線量が多く、日焼けをしやすい時期になります。あらかじめ紫外線を防げる⇒日焼け止めサプリなども併用しながら、充分な対策をとりましょう。

ホーム RSS購読